甘い もの が 食べ たく なる 理由

甘いものが食べたくなる理由は?

甘いものが食べたくなる理由はいくつかあります。
ストレスによる事から甘いものが欲しくなりますし、疲労によるものもあります。
特に運動をした後が一番甘いものが欲しくなります。
これは、糖質にはエネルギー回復の速攻性が高く、運動で疲労が溜まると、それを回復させようと糖質を欲する様になります。
これは、人の体においてごく自然な反応です。
疲れたら、その疲れを回復させたい。しかし、ゆっくり回復させているといつ、なんどき、何に襲われるかわからないので、なるべく即効性の高いもので早い回復が必要になる。その為、最適な体力回復剤は糖質だから甘いものが食べたいとなります。

 

そのため、運動部などに所属しいていると、白米をたくざん食べる事になりますが、肥満になる事はありません。
これは、かなりのトレーニングをして、その回復の為に糖質をほっしているからです。
しかし、運動をしないと、一転して単なる肥満になっていってしまいます。
こkでカロリーコントロールや、栄養バランスに注意していかないといけません。
そう考えると、運動というエネルギー消費から仕事による疲労へ疲れ方が変わっていっても疲労という事に変わりはないため、ほっするものは糖質のままであるから、運動をしないと太るというのは当然の事なのですね。