甘いものがやめられない人の食事改善ダイエット

甘い

人が生きていくうえで、食事は絶対に取らなければいけないものです。普段、食事をしている内に甘いものを優先的に体は欲してしまいます。
例えば、運動後や仕事などで疲れたときが一番欲しくなってしまいますね。
そして、甘いものを食べてしまうと、脳が次から甘いものをとると疲れがとれると覚えてしまうので、事あるごとに甘いものを口にしてしまいます。その結果太ってしまって、どうすることもできないという事に。。。このサイトでは、そんな甘いものの食べ癖を直して、食生活を健康的にいしてダイエットを説明していきます。

 

甘いものをできるだけ控える

甘いものに代表されるのはおやつですが、今まで食べていたおやつを突然止めてしまうと反動でドカ食いなどをしてしまう可能性があります。
その為、まずはカロリーをなるべく減らしていくことを前提に糖質もなるべく減らすようにしていきます。
まずはできる範囲から甘いものを減らしていきたいので、食事やおやつの回数からできるだけ減らしていきましょう。
食事は一日三食は取るようにして、食事内容はカロリーが高い小麦を使った料理や食材は避けるようにします。
例えば、パンをごはんに変えるなど始めのうちは食事量は変えずに、カロリーをなるべく抑えて行くようにしましょう。
更に進めていくと、主食である炭水化物の量をへらしてしいきます。
この炭水化物は、主にごはん・パン・麺類などが上げられますが、炭水化物は糖質が多く含まれており、糖質はすぐに脂肪へと変わってしまう為、主食の量を減らしてサラダや肉、魚などの副菜や主菜の量を増やしていきます。
この時はまだ全体の食事量としては変えなくても大丈夫です。ポイントは糖質を抑える事にあり、炭水化物を減らして、ほかの食材の量をその分増やすというところにあります。
してこの段階では、甘いものの代名詞でもあるおやつの回数を減らす事に挑戦していきましょう。。
人によっては、おやつの回数を減らすだけでもずいぶんと効果が表れるます。
甘いものがやめられない人の食事改善はこういったちょっとした一歩から始めていきましょう。

 

パンをごはんに変えたり、おやつの回数を減らす事が出来る様になったら、次は甘いものを低カロリーにしていきましょう。
甘いものがやめられない人も甘いものを感じながら実はカロリーが減っているという感じにしていき、食事改善を計っていきます。
例えば、パスタや丼ものなどの炭水化物ばかりの高カロリーな食事ばかりの方は低カロリーでバランスの取れた和食スタイルに変えて満腹感を出しつつも、カロリーを抑えたメニューに変更していきます。
あまいものがやめられない人は間食の回数を減らすことができて、慣れてきたところで、おやつを低カロリーにするため、手作りにするなど工夫をしていきましょう。
また、一食の中での主菜に肉や魚、大豆製品などの良質なたんぱく質を入れていきます。
これは、タンパク質を摂りいれる事で基礎代謝を向上させてダイエットの効果を促す事に繋がるためです。
具体的に説明をしていきますと、代謝とは新陳代謝と基礎代謝に分かれており、新陳代謝は髪の毛が伸びたり、爪が伸びたり、皮膚が生まれ変わったりなど、体の細胞の生まれ変わりが主に新陳代謝と呼ばれています。
もう一方の基礎代謝とは、特別に運動をしていない状態でもエネルギーを消費していくことを言い、立っている時の筋肉の動きでのエネルギー消費や、呼吸をしている時の動き、話をしている時の筋肉の動きなど様々な自然行動で発生する動きによるエネルギー消費の事を基礎代謝と呼ばれています。
この基礎代謝によるエネルギー消費の量の決めては体についている筋肉の量によって決まり、筋肉量が少ないと基礎代謝によるエネルギー消費量は少なく、筋肉量が多いと基礎代謝によるエネルギー消費量が比例して多くなります。
そして、この筋肉を作る成分がタンパク質であるため、一定のカロリーコントロールができたるようになったら、タンパク質を取る様にしていき基礎代謝を高めてダイエット効果を更に促していくようにしていきます。

 

こういった食事内容に慣れて、安定してきましたら、次に間食お極力抜いていく様にして満足感を食事のみで得られる様に変化させていきます。
まずは、1食ずつ食べる順番を考えていきます。
この順番は、汁物⇒野菜などの副菜⇒肉・魚などの主菜⇒ごはんなどの主食としていきます。
これらの順番に食べる事には意味があり、目的は糖質をなるべく吸収しないようにする事です。まずは、汁ものや野菜から口にする事で血糖値をゆるやかに上げて脂肪を蓄積しにくい様にしていきます。例えば、最初にごはんなど糖質を多く含むもの口にしてしまうと血糖値が急激に上昇し、インスリンの分泌を招いてしまいます。
このインスリンは上昇した血糖値を安定させるために糖質を分解して体中にエネルギーを運んでいくのですが、余ったエネルギーを脂肪に変えて蓄積させていく能力をもっています。
このため、甘いものを食べてしまったり、食事の際に糖質の多く含むものを先に口にしてしまうと、食事量は多くなくても太りやすくなってしまう原因となります。
また、先に副菜として生野菜や発酵食品を先に口にすることで酵素補給ができるので消化を助けてくれる動きが高まります。
こうした理由から、まずは汁物、副菜と口にしていきましょう。
次に、肉・魚などの主菜を口にしますが、主菜は先ほども説明したとおり、良質なたんぱく質を取り、筋肉をつけて基礎代謝を上げていきます。
このタンパク質の摂取ですが、肉や魚だけではなく、豆腐などの大豆製品や、卵にも多く含まれているので、食事内容によってはこういったものに変更したメニューにしてみるのも工夫の一つです。
また、肉類を口にする場合、良質なたんぱく質は特に赤身肉が良いと言われています。ほかにも鶏肉や豚肉ももちろん良質なたんぱく質が入っていますので、いろいろなバリエーションを試していきましょう。

 

こうして、食べる順番にきを使うとともに、食事にかける時間ですが、満腹感を得るためには、1.食あたり20分以上は食事をする時間をかけていきましょう。
食事を20分以上かける事で満腹感を体が感じ始めていきますので、早食いになってしまう方は箸で食事をするなど一度にたくさん口にしないように注意していくと良いでしょう。
甘いものがやめられない人にはツライかもしれませんが、ここまで来た段階でおやつはどうしても欲しい時だけ口にするようにしていきましょう。
やはり間食での糖質の摂取は体の脂肪に対して大きく変わってきます。
少し疲れたり、ストレスがたまると体が甘いものを取るクセをつけてしまって、そういった状態になると自然と甘いものに手が出てしまうこともしばしば。。。
甘いもののほかにも代表的なものにアルコール類などがありますね。
こういった体のクセは、いつもタイミングがあるはずです。
先ほども言ったように、疲れたときやストレスを感じたとき、あるいは、家に帰って一息ついた時や食事の締め、ヒマと感じている時に口寂しくて甘いものを食べてしまうなど、クセというよりもほとんど習慣化している場合もあります。
まずは、どういった時に甘いものを口にしてしまうかを考えて、そういしたタイミングを見つけたら、カロリー.の低いものを口にすることや、いつもより早いけれども食事にしてしまうなどの工夫をしていきましょう。
そでもどうしても甘いものを口にしち時は、なるべくカロリーが低いものを選んでいきましょう。
また短期間でダイエットを行いたい場合は、こちらの短期間で痩せるダイエットサイトがおすすめです。

どうしても甘いものを食べたくなったときは

甘いものをやめながら毎日を忙しく過ごしてると、疲れやストレスによって、どうしても甘いものを食べたくなってしまいますね。
そんな時は無理をせずに、少しだけ甘いものを摂ってしまいましょう。
但し、いつも通りの甘いものを摂ってしまうと元に戻ってしまう事もあるので、カロリーを抑えて楽しむくらいの感覚で済ませる様にしましょう。
カロリーは100〜150kcalが適当とされています。
そして、甘いものを間食とあして取る際は栄養素を補う事を念頭に置いておきましょう。
栄養素を抑える甘いものとしては、ドライフルーツやヨーグルト、りんごなどが代表的で、焼き栗なども食物繊維が入っているのでおすすめです。
また洋菓子が好きな方は、生クリームやバターなどの高カロリーな材料が含まれていますので、和菓子などにすると多少のカロリー低下につながります。
但し、食べ過ぎると意味がないので気をつけましょう。
また、グミやプリン、ゼリーなども比較的カロリーの低い甘いものなのおすすめとされています。
そのほかにも低カロリーなものですと、シリアルバーやシャーベットどもあり、温かいものとして、ホットミルクやスープもおすすめです。

 

甘いものを継続的にやめるために

甘いものをやめられない人は、基本的に食生活の改善が必要とされます。
例えば、偏った食生活に慣れてしまって、朝は抜いて、昼は少しだけ食べて夜はドカ食いしてしまって小腹がすいたら甘いものを口にしてしまったり、テレビを見ている時など、何かをしながら甘いものをつまんでしまう事もよくありますね。
特にオフィス仕事になると、一日中机にやパソコンに向かっていて動かない為、甘いものをつまんでしまうなどなど。。。
ヒマになったり、口さみしくなると間食をしてしまう事がよくあり、いつのまにかクセになっていて突然止めると、落ち着かないなどよくあるお話しです。
自分が甘いものを口にしてしまう瞬間を見極めて、ほかの事でまぎれないか考えてみるのも一つの改善策です。
また、食べる事は好きだから口に運ぶ行為は辞めたくないという方は、食事も甘いものも全て手作りにしてカロリーコントロールをする事もまた別の方法と言えますね。
実際は自分で作れる方が、満足のいくものが食べられますし、食生活の改善にもつながりやすいのでおすすめです。
やはり買い食いが中心になってしまうと、味は好きでも一人で食べるには量が多く、買ってしまったがために無理やり必要以上の量を食べてしまってカロリーオーバーなど、自分でコントロールが出来ない場面が多くなって、それが当たり前になってしまいます。
それであれば、自分で作れる方が味・量共に健康的なものが作れますし、将来的にも継続できる可能性を大きく秘めています。
そういた内容から、自分で作る料理が一番おすすめできますね。

 

また、甘いものを継続的に止められる様にするために、置き換えていくのもおすすめです。
例えば、朝はスムージー、昼はよく食べて、夜は炭水化物抜きで済ませる。
さらに甘いものを口にしたいときは、スムージーにしておくとカロリーも抑えれて、満腹感も出るのでオススメです。
スムージーにもいろいろな効果があるのでリバウンドをしないダイエットのスムージーサイトをご覧頂いて取り入れてみるのも一つの方法です。<リバウンドしないためには、このダイエット方法が必要!!>

 

そのほかにも健康的にダイエットをしていくことを考えますと、運動も取りいれていくと良いでしょう。
例えば、簡単にウォーキングから始めて、可能であればジョギングや筋トレなども良いでしょう。
このサイトでは甘いものがやめられない人の7食事改善ダイエットとして説明していきましたが、世の中のダイエットは数多く存在します。
自分に合うダイエットは人それぞれなので、ゆっくりと試しながら探してみて下さい。

 

ダイエットの基本は生活習慣と食生活の改善から始まります。
やはり、生活習慣や食生活が乱れてしまっているとどんなに頑張ってカロリーを抑えたり、甘いものをやめたとしてもその効果は低下してしまいます。
まずh、生活習慣を改善して、健康的な循環ができてから食生活も改善させて、ダイエットを成功させるようにしていくと良いでしょう。

 

トレーニングもやりすぎには注意していきましょう。
トレーニングのしすぎは、故障を招いてせっかくのダイエットを中止したり、やる気がなくなってしまいます。
食事改善もできる範囲から少しずつ変えていって、嫌にならないようにしていきましょう。
人にもよりますが、ダイエットにおける減量は1ヶ月間に5%以内が望ましいとされています。
これ以上は過度なダイエットとなり、体調不良になってしまったり、あるいは、停滞期に入って減量が思う様にできまなくなってしまうからです。
こういった理由からも、急激なダイエットは避けて少しずつよくしていくようにしましょう。